不動産投資の業者

    マンションを使ったビジネスが最近活発化していて、一般の方でもかなりの人が投資をしています。そのような活性化を受...

    Readmore

    不動産投資のコツ

    土地や建物を使ってお金を儲けるときに、知っておくと色々お得な情報があります。とくに一棟売りマンションを使ったビ...

    Readmore

    不動産投資の変化

    不動産を使ったビジネスが最近話題になっていて、自分もやってみようと考えている人が増えています。このようなビジネ...

    Readmore
競合するものとは

投資を行なう上で一棟売りマンションと類似・競合するものとは、賃貸のアパートやマンションです。賃貸のアパートやマンションは年月が経つに従って色々な部分が劣化して来る分適切に保守管理や修繕工事を行っていないと入居率が落ちてきて、収益率も下がってきます。
不動産の管理会社や大家さんもその点を考慮して、退去者が出た折に設備機器を新規にするとか部屋の内部をクリーニングするだけではなくリフォームやリノベーションを行うことが必要になります。
これらは手持ちの資金や借り入れ額の多少とか、その時々の置かれた環境によっても差が出てくるものではありますが、これに乗り遅れると、結局物件を見放して売却してしまうということも有り得ます。
これは賃貸の一戸建て物件の場合にも共通して言えることです。

金額や価格の傾向

一棟売りマンションの価格については、それらの専門のポータルサイトもあって、その地域や種類、規模、周辺の環境条件にもよりますが価格の査定を行うことができます。
査定の基準となるのはやはり収益率が問題になります。
築年数が新しければそれだけ価格は高く売れる傾向にあり、建物の状況がよければ同じく価格も高く売れるものです。
周辺環境が閑静な住宅地にあってコンビニや食品スーパー、総合的なスーパー、役所、郵便局や銀行、ドラッグストア、公園にも近ければ価格は高くなる確率は増えるものです。
他方産業廃棄物処理場や墓地、霊園、斎場などがあれば環境的に好ましくない評価がされる場合もあります。
鉄道やバス等の交通面においては、駅からの徒歩時間、バスによる乗車距離によっては幾分価格に影響して来る場合も見られます。

これまでの歴史や変遷

一棟売りマンションとは以前は、狭いうさぎ小屋のようなものから建ちち始めたものですが、その後高度成長期で年収も増えるに従って割合に部屋の広さも増えていったといえます。
設備機器も便利なものが設置されるようになり、風呂やトイレもユニットバスから別々に分かれるようになったものへと変遷してきました。
これらの物件も一部は残っていますが、供給量が増えるに従って建て替えることも多くなってきました。
しかし耐用年数自体が延びたとは居えず、取り壊した棟の平均築年数であることがわかって以降は、リフォームやリノベーションを行うことで寿命を延ばすことが可能となって、最近はそのことで一棟売りを行って、収益率が見込まれる場合には、それを購入して賃貸するということも行われるようになってきました。

オススメリンク

不動産投資信託について知りたいならこちらをチェック!:不動産投資信託(リート)が日本一わかるサイト

不動産投資の業者

マンションを使ったビジネスが最近活発化していて、一般の方でもかなりの人が投資をしています。
そのような活性化を受けて、新しいタイプのビジネスが出来るようになりました。
それは一棟売りマンションを利用したもので、マンションをまるごとを購入し…Read more

不動産投資の変化

不動産を使ったビジネスが最近話題になっていて、自分もやってみようと考えている人が増えています。
このようなビジネスは以前はあまりやる人が多くなかったのですが、他の投資に比べて安定した利益を上げやすい点が評価されています。
土地や建物を利用…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031